ここがポイント!賃貸契約の手続きガイド

ENTRY
ここがポイント!賃貸契約の手続きガイド

賃貸契約の手続き

ここがポイント!賃貸契約の手続きガイド
マンションやアパートなどの住まいに関する賃貸契約は、その所有者である家主によってそれぞれ異なります。
ですが大まかな部分では同じ点が多いです。
とはいっても賃貸契約の際は、必ず書類の隅まで確認するようにしましょう。
賃貸契約で使用される「賃貸借契約書」にはどのようなことが記載されているのかを確認してみましょう。
賃貸借契約書の初めに記載されているのは、物件の名称や所在地、所有者、管理会社などです。
これらは間違えがなければ特に問題はありません。
続いて賃貸契約について記載されています。
1つが「賃貸契約期間と更新の事項」です。
はじめに、賃貸契約には「普通借家契約」と「定期借家契約」の2つがあります。
普通借家契約は一般的な賃貸契約です。
そして定期借家契約は、契約期間が完全に定められており、その後の契約更新はありません。
契約終了日に必ず物件を明け渡すことになっています。
このような定期借家契約はマンションなどの集合住宅ではなく、一戸建て住宅で用いられていることが多いです。
定期借家契約では、「公正証書」の作成が必要となっています。
この公正証書を作成せずに、契約期間の満了を賃借人に伝えなかった場合、契約期間が終わっても賃借人が出て行く必要はありません。
この場合は、普通借家契約になってしまいます。
また、定期借家契約では、契約期間が終わる1年前から半年前に、賃借人に契約の満了を申し出る義務があります。
定期借家契約では原則、公正証書などの書面による契約のみが有効とされており、口頭では契約自体が認められません。
口頭のみの契約であれば、普通借家契約となってしまいます。
賃貸契約は正式なものとなっており、法的な根拠を持つものとなっています。
そのため契約を締結させた後に一方的に解除を迫ることはできません。
一方的な理由により賃貸契約を解除したい場合は、賃貸契約書に基づいて違約金などの罰則を受け入る必要があります。
例えば手付金などは一方的な解除において返還されません。
このような高額な負担を強いられる可能性があるため、賃貸契約は事前にしっかりとその内容を確認しておきましょう。

おすすめサイト